2006年11月19日

看護師


看護師についてご紹介致します。

看護師について 看護師(かんごし)とは、医師と協力し、患者の診断・治療にあたっては医師を補助し、さらに、精神的にも肉体的にもケアを必要とする人々の療養上の看護をするとともに疾病の予防、健康の維持増進の上での援助も行う医療専門職(コ・メディカル)である。
日本においては、看護師について保健師助産師看護師法(略称「保助看法」)で、「傷病者などの療養上の世話、または診療上の補助をすることを業とする者」と法律に定められている。
本項では、特に断りのある場合を除き、日本における看護師について記述する。


◆◆◆予備知識◆◆◆


唾液 唾液(だえき)とは、唾液腺から口腔内に分泌される分泌液。
水、電解質、粘液、多くの種類の酵素からなる。
唾(つば、つばき)とも言う。
唾液は、唾液腺より分泌される。
正常では一日1〜1.5リットル程度(安静時唾液で700〜800ミリリットル程度)分泌される。
成分の99%以上が水分であり、無機質と有機質が残りの約半分ずつを占める。
デンプンをマルトース(麦芽糖)へと分解するα-アミラーゼを含む消化液として知られる他、口腔粘膜の保護や洗浄、殺菌、抗菌、排泄などの作用を行い、また緩衝液として水素イオン指数|pHが急激に低下しないように働くことで、う蝕の予防も行っている。
空腹時に食物を見、これを咀嚼した時、粘り気の少ない漿液性の唾液が大量分泌され、これにより食物は湿らされる。
このことにより粉砕しやすくなり、食塊の形成や嚥下を容易にする。
嘔吐の前兆として苦味のある唾液が大量分泌される。
これは嘔吐物に水分を補給して排出しやすくするための働きと考えられる。
→唾液の細菌については「口腔細菌学(口腔微生物学)」のカテゴリー参考。



眼科学 眼科学(がんかがく、Ophthalmology)目|眼球や眼球周囲の組織 (生物学)|組織に関する疾患を扱う医学の診療研究分野である。



日本公衆衛生学会 日本公衆衛生学会(にほんこうしゅうえいせいがっかい Japanese Society of Public Health)は、1947年(昭和22年)日本に設立された学会であり、会員数8,000人を超えるわが国のおける公衆衛生の要学会の一つ。


Quotation:Wikipedia

posted by mediwords at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。